底辺ブロガーがブログ停滞期をぶち破った裏技タスク術を教えます!

どうも底辺ブロガーのpopoyです!

先日公開した「ブロガーのスケジュール公開!フリーランスは時間管理を徹底すべき…なのは分かってるけど無理!」にて少し触れた「ブログ収益が伸びたタスク術」を紹介しようと思います。

先に言っておきます。タイトルで「裏技!」とか書いていますが、ぶっちゃけ普通の内容です。釣りっぽくてすみません(;´∀`)

ただし!今回紹介する方法は、
超絶サボり魔のpopoyには超絶効果的だったので、同じようなサボり癖のある人にオススメしたいです!

popoY

ちなみにpopoyが運営している特化ブログは、この方法を実践してから月間PV10万→30万まで成長することが出来ました!
1年ぐらいずっと5万~10万PVを行き来していたブログだったので、今回の手法がハマりましたね♪

ブログ停滞期を乗り越える方法

結論から言ってしまうと、停滞期を乗り換えた方法はこの2つだけです。

  1. タスク制スケジュールの導入
  2. 完了できなかったタスクは翌日に追加

たったこの2つを取り入れただけで、popoyは1年間もブログの収益が変わらなかったのに、ブログの投稿数が増えて、結果的にPVアップに繋がったのです。

「ただスケジュールを組んでタスクをこなすだけで停滞期が乗り越えられると思えないよ!皆やってるよ!」そう思われても仕方ありません。今回のブログ停滞期をぶち破る方法の肝はマインド・メンタルにあります。

だからこそタスクは翌日へ繰り越す必要があるのです。それでは詳しく解説していきます。

1.タスク制スケジュールの導入

1.タスク制スケジュールの導入

まず記事の執筆やリライト、ネタの仕入れなどを全てタスク制にし、スケジュールを前もって組んでおくことにしました。

どういうことかと言うと、

  • 月曜日は新記事作成2+リライト1+ネタの仕入れ
  • 火曜日は新記事作成1+リライト1+次の記事の下書き

こんな感じに予め週のスケジュールを決めた上で、さらにどの記事を書くのか、どの記事のどの部分をリライトするのか、を前もってタスク登録しておきます。

そしてその日が来れば淡々とタスクを消化していきます。消化出来なければタスクが残り、次の日やその次の日の仕事量が増えます。

2.完了できなかったタスクは翌日に追加

2.完了できなかったタスクは翌日に追加

完了できなかったタスクは、翌日のスケジュールに加わります。例えば「月曜日のリライト1件」が完了できなかった場合、火曜日の仕事として「リライト1件」が追加されます。

popoyのスケジュールでは木曜日と日曜日を休日にしているのですが、タスクが溜まっていると休日も引き篭もって作業することになります(;´∀`)

こうならないためにも朝起きてからタスク消化を第一に考えて行動します。そして時間が余ったときは、次の日の下準備もしてしまえば次の日がラクになりますね。

POINT
「タスク制スケジュールを導入し、消化できなかったタスクは翌日に追加する」これが今回紹介する「停滞期をぶち破った裏技タスク術」の正体です。

タスク制スケジュールのポイントはぎりぎりを攻めること

タスク制スケジュールのポイントはぎりぎりを攻めること

タスク制スケジュールのポイントは、普通に消化できないぐらいの絶妙なスケジュールを組むことです。

消化しきれないぐらいのタスクを抱えていると「頑張らないと明日も明後日も忙しくなっちゃう!!」と作業量が増えます。

popoyは木曜日と日曜日を休日にしていると言いましたが、毎回なんだかんだ消化できなかったタスクがあるので、休日は消化作業になってしまいます。

休日は減ってしまいますが、元々外で遊びまわるタイプの人間でもないので、昔よりも作業量が増えた分休日の過ごし方は有意義になったかな、と。

popoY

やっていくうちに慣れてくるので、ギリギリを攻めましょう!

絶対に破ってはいけないルール

絶対に破ってはいけないルール

絶対に破ってはいけないルールが一つだけあります。それは「特例は無い」ということです。

どうしても外せない用事があるのなら、前倒しでタスクを消化し、急用が入った場合は次の日に溜まったタスクを消化するだけです。

これを実現できる鉄の意志を持った人であれば、作業量は確実に増えることでしょう。とくに完璧主義な人に向いているタスク術と言えます。

タスク制スケジュールにおいて、一番大事なのはマインド・メンタルです。タスクが溜まりまくっても「徹夜で消化したるわい!!!」ぐらいのメンタルが必要になります。

popoY

連休は危険。連休でも合間にタスクが消化出来ればグッド!
けどそれって休日と言えるのだろうか。。。

2つのデメリットを理解して対策する

タスク制スケジュールを使えば作業量が増えるのは間違いありません。ただしデメリットが2つあります。

  • 色々と重なった時のタスク量が膨大に
  • いろんな仕事のクオリティが低下する

見出しだけ見ると恐ろしい2つですが、しっかりと対策できるのでご安心を。それでは解説していきます。

1.色々と重なった時のタスク量が膨大に

1.色々と重なった時のタスク量が膨大に

前もってスケジュールを組むと言う今回のタスク術。そして決められたタスクを淡々とこなすわけですが、まず大きな問題点が一つあります。それはトレンド記事を書くときにスケジュールが崩れることです。

ブログもYoutubeも、トレンド情報が強いというのは有名な話ですよね。例えば新しい製品の発表があれば、それに関連した記事をいっぱいアップした方がPVを稼ぎやすいのです。

例えばスマホのブログだったら、急遽新作iPhoneが発売されたら当日に「新型iPhoneが発表されたゾ~!」みたいなトレンド記事を書きたくなりますよね。

「普段のスケジュール+トレンド記事+溜まっているタスク」なんて重なってしまうと、何日徹夜しても追いつきません(;´・ω・)

ただし「特例は無い」「鉄の意志」「徹夜で消化したるわい!!!」と書いてきた通り、根性で乗り切ります!

シンプルに「新製品が発売したから、しばらく忙しくなりそうだ」とマインドを切り替えて、エナジードリンクを買い込みましょう(^^)/~~~

2.いろんな仕事のクオリティが低下する

2.いろんな仕事のクオリティが低下する

タスクが溜まりすぎた時に気を付けたいのはクオリティの低下です。これは未だにpopoyにも課題となっておりまして、タスクがたくさん溜まっているときは、色んな仕事をスピード優先で消化しがちです。

「この部分、箇条書きの方が分かりやすいけど、まあその内書き直せばいいや!」
「自分が思っている画像素材がない!別記事で使った画像でいっか!」
「この段落分かりにくい、、リライト、いや消しちゃえ!」
こんな風になってしまうワケですね。

ブログ記事のクオリティを下げないために、細かい所にもしっかりと気を配る必要があります。

popoY

思い当たる節、、ありますよね?この記事を書いているpopoyですらあるんですもの…

どれだけマインドを高く保って、鉄の意志を誓っていても、タスクが溜まりすぎるとどうしても記事のクオリティは下がりがち。

こういうときにオススメなのが「運動」です。運動して汗を流すと、いろんなタスクを抱えてパンクしそうだった頭がスッキリします。「ヨシ!まずはコレをクリアしよう!」と前向きになれます。

ちょっと懸垂や腹筋をしてみたり、15分だけ外を散歩してみたりするだけでも気分が晴れるので、煮詰まった時はぜひ運動を取り入れてみて下さい!

走るウサギ

タスク制スケジュールを継続するコツとは?

と言っても全くやる気が出ない周期ってありますよね。とくにブログは記事を書きまくっても、実際にアクセスが増えるのは何週間も後だったり、そもそもアクセスが取れなかったり、即効性がない分すぐにお金が発生しないのでモチベーションの維持が大変です。

そんなときにオススメの方法が「朝活」です。ぐっすり寝て朝早くに起きることでメンタルを整えます。もちろん人によるとは思いますが、popoyは朝型の生活をしている時が一番モチベーションがあり、脳も冴えています。思い込みかもしれないですけどね。

ブロガーのスケジュール公開!フリーランスは時間管理を徹底すべき…なのは分かってるけど無理!

こちらは底辺ブロガーpopoyの一日スケジュールを紹介している記事。やはり朝活動している時の方が作業量は多い。そのため朝起きる生活習慣をルーティン化し、今回紹介したタスク術を続けることが出来れば、かなりの作業量を確保できると言うわけです。

ただしスケジュールの記事でも紹介しているように、どうしても生活習慣は崩れてしまいます。そんな方にオススメしたいのは、生活習慣を治す術を身につけることです。

popoY

と言うワケでpopoy流の生活習慣を治す術をご紹介します!!

生活習慣を無理矢理なおす方法

生活習慣を無理矢理なおす方法

「好きな時間に寝て好きな時間に起きる」そんな環境の人は、絶対に生活習慣が乱れます。一説によると体内時計は25時間に設定されているらしく、人は好きな時間に寝て好きな時間に起きると、少しずつ寝る時間がズレてしまうとかなんとか。

この説が事実なのかは分かりませんが、実際にpopoyは少しずつ寝る時間がズレてしまいます。これまで何年間も生活習慣が乱れないように悪戦苦闘してきました。

色んな事を試しても上手くいかなかったので、逆に開き直ることにしました。

「生活習慣は絶対に乱れる。だからすぐに治す方法を身につけよう」と。

popoyは夜寝れなかった日は、次の日の夜まで(最悪夕方)起きています。
身体には良くないと思いますが、眠くても無理して出かけたりして、とにかく時間が経つのを待ちます。

時には寝心地の悪いソファで仮眠したり、アラームを大量にかけて仮眠したり。とにかく次の日の夕方か夜まで耐えることです。

「こんなよくある方法が、なぜ出来るようになったのか?」
それは「朝活の方が作業量が多い」と言うのを頭で理解したからです。

  1. 徹夜する
  2. 出かける
  3. 夕方帰ってくる
  4. 耐えられそうなら夜まで耐える

シンプルな方法ですが、「朝起きる事のメリット」をしっかりと理解すれば上手くいきます!

結論:マインドが大事

今回紹介した「ブログ停滞期をぶち破った裏技タスク術」の方法はシンプル。肝はマインドの部分にあり、作業量を増やすためには生活習慣を朝型にすること。

  • タスク制スケジュールを組み、消化できなかったタスクは翌日繰り越し
  • スケジュールに組まれたタスクを淡々と消化する
  • 生活習慣は朝型が理想。ただし人による
  • 生活習慣が崩れた時は無理矢理治す

ブログのアクセスが伸び悩んでいる方は、ぜひ今回の方法を試してみて下さいね!

popoY

結局は根性論…なのかもしれない…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。