【APEXパッドマウス論争】実際にコントローラー勢と組んでるPCプレーヤーの本音

APEXのみならず、FPSプレーヤーの間でよくある議題が「パッドマウス論争」です。

パッドマウス論争とは、パッド(コントローラー)でプレイするか、マウスとキーボードでプレイするか、どちらが強いのか?というテーマ…

と思いきやそうではなく、
実際は「パッドでPC版をプレイする事に対しての賛否」が主です。

今回はこのテーマについて、実際にパッドプレーヤーと組んでいるPCプレーヤー(キーマウ)の立場からお話していこうと思います。

スタヌさんの名言に「政治・宗教・パッドマウス」と言うものがあります。パッド勢とマウス勢によるこの討論は、まあ配信がAleruそうです。ごめんなさい。荒れるそうです。

そんな話は一旦置いておいて。

初心者時代にボッチプレイばかりしていたpopoyは、何か月か前に初めてのゲームフレンドが出来まして!!!

そしてそのタイミングでゲーミングデバイスを買い揃えたこともあって、恐ろしくAPEXが強くなったのです!!

うちのブログを見てくれている貴重な貴重なリピーターの方(全体の14%だけいるらしい)は知っているはずですが、popoyはKDA1以下の2000ハンマー無しの超初心者でした。

驚かないでください14%の皆さん!ついにKD2.0超えましたよ!!!(カジュアル)

わーいわーい(*´▽`*)わーい

と言うわけでw

本題の「パッドマウス論争」について語っていきまっす!まずはゲームフレンドとの出会いから…!

長編なので目次で適当に飛んでくだせえ

野良で仲良くなった固定メンバーが弱かったから…

PCゲームをパッドでプレイ

野良で仲良くなったゲームフレンドから「どうやったらそんな上手くプレイ出来るの?」と言われる始末。

「いやいやw私もほんの1か月前まで同レベルかそれ以下でしたよw」とか思いながらも、デバイスの事や立ち回りの事を教えていたんです。

それなのにフレンドは全く強くならなくてですね、昔のpopoyぐらいの強さ(KD0.8ぐらい)なんですよね。そしてありえないぐらい努力家なんですw

ランクする前はAIMを温めてくる!とか言ってトレモずっと撃ってるし、popoyも知らないような情報教えてくれるし、本当に「研究熱心な努力家」といった感じです。

それでも全く成長しない彼に軽率に言ってしまったのです…あのセリフを…。

「パッドのエイムアシスト強いらしいよ?試してみれば?」

思い知らされるパッドエイムアシストの破壊力

思い知らされるエイムアシストの破壊力

元々AIMの強くないpopoyが初心者の彼に伝えていたのは以下の2点。

  • ポジション取り
  • 射線の管理

「ポジション取り」は、単純に撃ち合いの勝率が高いポジション(屋根の上から地面の敵を撃ったり、敵が登ってこれる場所だけを守ったり)をなるべく陣取るように伝えました。正面からの撃ち合いが勝てないから、当たり前ですよね。

そして「射線の管理」は、遮蔽物(しゃへいぶつ)の無いところでの戦闘を避けること、安全な場所で回復をすること、2部隊以上の相手と戦う時にどこが安全なのかを考えること、を伝えました。

正面の撃ち合いが勝てないのだから、無理な戦いをせずに有利なときだけ撃ち合うと言う弱者戦略です。
筆者のpopoyはこれでKDも勝率も上がりましたが、どうしてもFPSって性格が出てしまうんですよね。

温厚なpopoyと違って、彼はとっさの判断が出来ずに、とりあえず正面の敵と長く撃ち合ってしまう性格だったのです。そしてその結果AIMが悪いので、与ダメと被ダメの割が合わずに負けてしまうと言うパターンがほとんどでした。


   だがしかし!

パッドに変えてからは、その正面の撃ち合いの勝率が爆上がりしたのです。

パッドの最大の強みである「エイムアシスト」は、反動を抑えるサポート(的に近づくと速度が落ちる)をしてくれる機能のことです。本来エイムアシストは、リコイルコントロールの難しいパッドの命中率を上げてくれる補助的な機能のはずですが、APEXの場合は効果が強すぎるあまり、パッドプレーヤーのAIMが強すぎると言われているわけです。

彼のように正面から敵とダメージ交換をする時、エイムアシストは最強です。単純に弾の命中率が高いので、上手いプレーヤーだとほぼ全弾当てるんですよね。

プロゲーマーとして活躍していた大人気ストリーマーのシュラウド氏も「パッドプレーヤーと正面から撃ち合うな」と言うほどなので、よっぽどです(;´∀`)

そして上手いプレーヤーだけでなく、初心者の彼ですら命中率は跳ね上がりました。元々攻撃的なプレイスタイルで、与ダメと被ダメの差で負けていたわけですが、エイムアシストによって、頻繁にはじめのマガジンでノックダウンを取るようになったのです!!

エイムアシストの真骨頂は高DPS武器

エイムアシストの真骨頂は高DPS武器

そんな彼はメキメキと強くなり、よりパッドに適応していきました。

「この人さらに強くなったな」

そう感じたタイミングは、彼に得意武器がいくつかできた時でした。そしてこれはパッドプレーヤー全員に当てはまるメリットだと思います。
それは「DPSの高い武器」です。

DPSはDamage Per Secondの略で、「1秒間に与えるダメージ」のことです。スナイパーのように単発のダメージが高くても連射出来なければDPSは低いですし、R99のように単発のダメージが低くても連射が早ければDPSは高くなります。

彼の得意武器は以下の通り。

  • ボルト
  • R99
  • プラウラー
  • ハボックライフル

この辺りの連射系高DPS武器の近距離戦は、明らかにPADの方が強いです。

単純に高い連射系武器で撃ち合うと、エイムアシストがある分PADの方が命中率が高いです。遮蔽物を使ったり、壁を使ったりして被ダメを減らさない限り、正面からの撃ち合いはPADの方が有利です。

実はこれは1PCプレーヤーのpopoyの意見ではなくて、この記事を執筆するにあたって、そのパッドのフレンドの方から提案された「パッドのメリット」なんですよね。

実際にpopoyは、数日前までKD0.8だったフレンドがプラウラーで200ダメ連発しているのを目の当たりにしています。今はケアパケ武器になってしまいましたが、マウスよりもPADにおすすめな武器の一つがプラウラーです。

※以前はこの記事で「フラットライン」の横ブレ制御がマウスでは難しいと記載していました。記事執筆時点では本当にそう思っていたのですが、実際にPADでプレイしてみるとフラットラインのリコイルコントロールはどう考えてもPADの方が難しかったので内容修正。

マウスとパッドの違いはやはり命中率の差がでかい

PCプレーヤーから見たパッドの具体的有利

「高DPS」もパッドの有利だと思いますが、パッドにはもう1つ強みがあります。

PCプレーヤーの人がプレステ4の上手いプレイ集を見ると、すぐに違和感に気づくと思います。それは1マガジンでのノックダウン率が異常に高いことです。

「ズババババ!214ダメージ!」

みたいなシーンが当たり前のように出てきますが、PCプレーヤーからすると「そんな簡単に出る!?」ってレベルですよね。

これはカニ歩き(レレレ撃ち)に対してもエイムアシストがしっかりと働いているからです。
PCプレーヤーの場合は、ウイングマン相手に全く弾が当たらない時があります。相手のカニ歩きと噛み合わずに、たまーにカスッて「14ダメージ……14、28ダメージ!」みたいな。

一方でパッドの場合は、相手キャラクターに照準が近づくとアシストがかかるので、カニ歩きと噛み合わなかったときも、連射武器であればマウスより命中率が高いのです。

DPSの話にしても、カニ歩きにしても、結局パッドの強みは総じて「エイムアシストによる弾の命中率」です。

PCプレーヤー

ほんならマウスよりパッドの方が強いやんけ!!

そう思われがちですが、パッドには弱点もあるので、紹介していきます!

パッドの弱点は主に3つ

そんなパッドプレーヤーの弱点・デメリットは、以下の3つです。

  1. キャラクターコントロールが難しい
  2. 視点移動が一定(フリックショットが出来ない)
  3. デスボックスを動きながら漁れない

1.キャラクターコントロールが難しい

PCプレーヤーと比べて大きく劣る点は「キャラコン」です。
PCプレーヤーの場合はキーボードとマウスを使って同時に色んな入力が出来ますし、マウスを上下左右カンタンに動かすことが出来るのでクリアリングもやりやすいです。

時間のある方は、こちらの動画を見てみて下さい。APEXで有名なプロゲーマー「aceu」のキャラコン解説動画です。
一見難しそうなテクニックばかりに見えますが、実際に試してみると7,8割ぐらいはすぐに習得可能です。これはマウスでの操作だからこそ習得しやすいのであって、パッドでこういったテクニックを習得するのはかなりの時間が必要。(実際にパッドのフレンドが全く習得出来ていない)

「キャラコンに差が出るとどうなるのか?」それは被ダメの軽減に直結します。ようするにキャラコンを使いこなすことで受けるダメージが減るのです。

こちらはTwitterで話題になっているCRカップ(プロゲーミングチームCR主催のAPEX大会)のワンシーン。PADレイスキル数1位(だった気がする)のまさのり選手と、APEXプレーヤー最強と名高いRAS選手のタイマンです。

まさのり選手の視点を見れば分かる通り、RAS選手の動きが速すぎてヤバイですよね。壁登りフェイク、スライディングからの後ろ方向へ反転、後ろジャンプ撃ち、ジャンプ後ろスライディング。さらに途中1回、最後に1回マスティフ単発切り替え(マスティフ1ショットと同時に武器切り替えでボルトを撃つ技)も入れています。ついでに言うと距離が近い時は腰撃ちのみで速度を落とさないという徹底ぶりw

そもそもこれだけ被ダメを減らすことを意識した動きはPCマウスでもできないので、キャラコンの難しいPADでできるわけがありません!

2.視点移動が一定(フリックショットが出来ない)

PCプレーヤーはマウスを動かす速度に応じて視点を上下左右に振ることが出来ますが、コントローラーは一定速度で視点を動かすので、突然の敵にエイムを合わせにくいです。パッドは画面の端っこに敵が現れても、一定速度でグイーンと視点を動かして照準を合わせないといけません。

一方マウスの場合は、画面端に映ってもマウスを高速で振って、一瞬で画面端の敵に照準を合わせることができます。これをフリックショットと言います。
もちろん練習量が必要な技術ですが、パッドの場合はそもそも出来ないので、マウスと比べた場合、明確なデメリットですね。

3.デスボックスを動きながら漁れない

また、デスボックスを漁る画面のカーソルと、移動のキーが同じなので、デスボックスを漁りながら動くことが出来ないです。漁っているときに左右に動けないと、クレーバーなどを当てられる可能性が高くなってしまうので、これもパッドの明確なデメリットと言えるでしょう。

それこそ止まっている所に、パッドプレーヤーのハボックライフルとかフラットラインの鬼集弾を食らってしまうと、ひとたまりもありませんからね。

 

この3点は、マウスと比べた時にパッドの明確な弱点・デメリットと言えるでしょう。

パッドは公式大会も参加できる

キーボードマウスだとKD0.8だったフレンドが撃ち合い最強になってしまうほどのパッドですが、そもそも「なぜ論争になるのか?」それはやはりPCプレーヤーの意見が大きいです。

見た目は変わらないのに実際撃ち合ったら普通の人よりもめっちゃ当ててくるわけですから。「エイムアシストずるいよ!」となってしまう気持ちも分かります。
とくに理解の少ない人からすると、パッドにはキャラコンや視点移動のデメリットがある事を知らないですし。

とは言え、APEXの公式大会はプロのパッドプレーヤーも多く参加しています。

最近だと有名なプロチームTSMにパッドプレーヤーが加入して話題となりました。プロチーム・公式が認めているのでPC鯖へのPAD参加は問題ありません。

結論:一緒にプレイしていてPCプレーヤーはどう思っているのか?

はい、これが今回のテーマですよね。記事が長くなってすみません。
popoyは、パッドのフレンドと一緒にプレイしていて、パッドの弱点もしっかりと目の当たりにしてきました。そんなpopoyの結論は、

  • パッドの弱点3つ < エイムアシスト

このように感じました。パッドの弱点を加味しても、エイムアシストの方が恩恵がでかいのではないかと。と言うのも、PCプレーヤー時代にKD0.8だったフレンドが、今は普通にpopoyよりも強いですし、やっぱり正面の撃ち合いでノックダウンを取れる確率が高いっていうのは、3体3の戦闘において大きなアドバンテージですよ。

もちろんパッドを使ったからと言ってすぐに強くなるわけではなく、あくまで練習を重ねていった結果そういうシーンが増えるっていう話です。

「俺マウスじゃ上手くいかないから、パッド使って無双しよっと!!」

なんて甘い考えの人は注意して下さい。結局パッドでも練習は必要なのです。

解決策として、運営がマウスとパッドの命中率を計測して、うまい具合に調整してくれるのが理想です。もちろんパッドの方が弱点が多いので、命中率はパッドの方が高くて良いのですが、現状はパッドの命中率の方が高すぎる気がします(;^ω^)

まとめ

PCプレーヤーとパッドのそれぞれの言い分はこんな感じでしょう。

PCプレーヤー

CS機(プレステ)は弾が当てにくいからエイムアシストが付いているんだろ?
それならCS機同士でやってくれよ!PC勢を巻き込まないでくれよ!!
いやいや公式大会にプロ出てるじゃん!運営公認じゃん!
パッドが強いっていうならパッド使えよ!!

パッド使い

PC勢にとっては「条件が違う状態で戦いたくない」という意見が主です。

そしてパッド使いにとっては「公式が認めているので問題ない」という意見が主です。公式大会でパッドのプロゲーマーが普通に出ているので、それが免罪符となっています。

結局運営が何かしない限りこの仕様は続きますし、今後も「パッドに倒された!!!ウザ!!!」とか「いやパッドだから何だよ!こっちは操作しにくい中やってんだよ!!」みたいな討論が起こるはず。

運営が何かしない限りこれからもAPEXやFPS界において、幾度となくパッドマウス論争は議題に挙がることでしょう…。

popoY

億劫だったシーズン5も無事ダイヤまで上がりました。
こちらの記事にシーズン5の感想をまとめたので、興味のある方はゼヒ!

11 Comments

匿名

1.純粋にpc版をマウスとキーボードでプレイしている人をマウサーとは言いません。

2.元来マウサーとは、マウスやキーボードでのプレイが禁止されているCS機にコンバーターを差しマウスを使ってる悪質なプレイヤーの事を指します。

ここでの記事に用いてるマウサーと言う表現を1だと思って使っているのであれば誤解を与えるので表現を変えることをお勧めします。

返信する
popoy

>匿名さん
そうだったのですね…ご指摘ありがとうございます。
「マウサー」部分を「PCプレーヤー」に変えておきました!!

返信する
匿名

1か月前まで同じでしたよとかマウント取る感じがPCプレイヤーの悪いところが出てると思う。
そもそもパッドのエイムアシストのことをうだうだ言ってるのってPCのキーボード・マウスのプレイヤーだけなんですよね。
自分では試しもせずに、まるで軽めのオートエイムがついてるように広げてるストリーマーが大量にいるのがそもそもの問題であり、自分が弱いんじゃなくて相手がパッド使ってるから負けたって言いたいだけでしかない。
そもそもエイムアシストで横反動が完全に消えるとか言ってる時点で何もわかっていないのが確定している。

あと仮にエイムアシストがオートエイムのように強いとして、そんな環境で戦ってきたCSのプレイヤーがPCに移行したら、少し左右に動いただけで弾が当てれなくなるし、立ち回りも大してうまくないPCプレイヤーが負けるのは当然のことです。

返信する
popoy

>匿名さん
コメントありがとうございます。

横反動に関しては「完全に消える」というわけではなく、「エイムアシストがある分、命中率が高い」という意味です。

ただし私も実際にパッドを使ってみて思ったのですが、フラットラインの中距離はPCの方が当てやすいですね。近距離での戦闘は全体的にパッドの方が当てやすいのですが、少し距離が空くとフラットラインは当たらなくなりました。
その点に関しては「横ブレの話」のところを修正するべきだと思ったので、そのうち記事内容を修正致します。

>>””エイムアシストがオートエイムのように強いとして、そんな環境で戦ってきたCSのプレイヤーがPCに移行したら、少し左右に動いただけで弾が当てれなくなるし、立ち回りも大してうまくないPCプレイヤーが負けるのは当然のこと””

この点に関しては私も気になっていることがあります。
CSプレーヤーは、相手もCSプレーヤーでエイムが強いので、油断するとすぐにノックダウンしてしまいますよね。
その激戦の中で生き抜くためにはPC以上の射線管理スキルや立ち回りが必要なのかなと思います。

返信する
yoshigon

マウスパッド論争を見て案外オートエイム標準装備のfpsも面白いかもしれないと思いました。

返信する
popoy

>yoshigonさん
コメントありがとうございます。

撃たれ始めてから射線を切るまで体力が残っていればいいんですけどね…w
そんなゲームがあったら決め撃ちや半身出しのスキルが伸びそうですね(*´▽`*)そして反射神経良い人が有利なので、私のようなおじさんは退場です( ノД`)

返信する
匿名

PADの一番のデメリットってキャラコンが難しいっていうよりそもそも出来ないキャラコンがあるって事だと思うんですよね。それは壁ジャンとかジップダンスとか派手な技の話ではなく、空中での直角移動だったりの慣性を無視した動きに関してです。

ある程度やってる人なら分かると思いますが望んだ方向への動きだしが早いというのは特にインファイトの撃ち合いや相手から撃たれだした時の被弾率に大きく影響します。撃ち合い中とかやっちゃった人多いと思うんですが、「撃つ→リロード&スライディング→撃つ」ってムーブをする時に速度が足りなくてスライディングにならずしゃがみになっちゃったりとか、PAD勢ならよくある走ってたら撃たれだして速攻方向転換したけど隣の遮蔽に入る前にめちゃ削られたとか。私も普段PS4でやっていたのですが配信でPC勢の動きを見て凄いびっくりした記憶があります。だって撃たれだした瞬間カクッと直角に曲がって遮蔽に入って行くんですもの。

個人的な感想ですが、APEXにおいてのPAD・キーマウ各種の強みは
PAD:アシストによるインファイト~4倍くらいの距離感の集弾率の高さ
キーマウ:キャラコンの自由度による被弾率の少なさ。遠距離での正確さ
だと思っています。
所謂FPSが上手い人ってのは大抵主さんがアドバイスされていた立ち回りや位置取りが上手く一方的に敵を撃って倒す人ってのを指すのだと思いますが、APEXにおいてはそれだけでは中々勝てない部分も大きいです。敵が3人なのと合計HPが多いってのが大きな理由なのですが、そうなってくると3タテやらを狙っていく上で大事なのは弾をあてる事より敵の弾に当たらない事なのかなぁと思うので個人的にはPADよりキーマウの方がそういう意味では有利なのかな?と考えたりしてます。

それとここではコメント欄くらいでしか出てませんがAIMアシストって種類があって、チートによるオートAIMやら所謂フォトナなんかの強すぎ!って言われてるのは勝手に的にAIMが吸われるもので、APEXのAIMアシストは吸われるタイプではなく的に近づくと速度が落ちるという方式のものです。実際に数値でオートAIMとAIMアシストの強度みたいなのも出てましたがそもそもの種類みたいなのに差があるので数値以上にその差は大きいものだと思ってます。
分かりやすい例えですとフォトナ式アシストでは敵の真横にレティクル置いてスティックから指を離してADSすると敵に当たりますが、APEX式アシストでは同じ条件で撃つと当たりません。
勿論それでもAPEXのAIMアシストが強い事に変わりはないですがオートAIMと同種とか弱体版オートAIMみたいな扱いされてるのがちょっとなぁと思ったので…

返信する
popoy

>匿名さん

すごく貴重な情報をくださり誠にありがとうございます。

私自身この記事を書いた頃は、「PC9割・PAD1割」ぐらいの比率のプレイ時間だったもので、PADのエイムアシストについての理解が浅かったと思います。

シーズン6に私は実際PADを使ってPCランクに参加しておりましたが、プラチナを超えた辺りから中距離戦のダメージ交換が成り立たなくなって、結局シーズン途中からPCマウスに戻してしまいました…。

匿名さんのおっしゃる通り、
「PAD:アシストによるインファイト~4倍くらいの距離感の集弾率の高さ」
「キーマウ:キャラコンの自由度による被弾率の少なさ。遠距離での正確さ」
被弾率の差はモロに出ていましたね。PADの強みは本当にインファイトに尽きると感じましたし、中距離はアシストがあるので当てやすいかもしれませんが、相手の当て勘次第ではダメージ負けしてしまいます。

>「APEXのAIMアシストは吸われるタイプではなく的に近づくと速度が落ちるという方式」
これはPADを使っていく過程で私も知りましたが、記事内で「AIMが吸い付く」と表現してしまったのは間違いですね。申し訳ございません、修正しておきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。