Apex Legendsの初心者がソロランクでダイヤまで上げた方法

皆さんご無沙汰しています。popoyです。最近はTFTをあまり触らなくなってしまい、ブログもサボっていました(^_^;)

現在私は「Apex Legends」と言うFPSのバトロワゲーにハマっています。シーズン1からちょこちょこプレイはしていたんですが、少し前にランク戦が始まってからガッツリと回しています。

無事にソロでダイヤⅣまで上げることが出来たので、その方法や注意点をまとめてみました。ソロなのは友達がいないワケでは無いです。ホントです。時間が合わなかっただけです。ホントです。

追記
ランクシーズン2も無事にソロダイヤいけました!⇒Apex Legendsシーズン3も無事にソロランクダイヤに!

ハンマー無くてもダイヤ行けます

popoyはハンマーバッジを持っていないどころか、KDAがギリギリ1を超えている雑魚プレイヤーです。そもそもFPSの経験が少ないのでAIMもダメダメです。

それでも今回紹介する内容を徹底することでチーム勝率を上げる事に成功し、無事にダイヤまで上がることができたのです!ランク上げに伸び悩んでいる方は、是非参考にしてみて下さい!

ソロでランクを上げる必勝法

あくまでランクシーズン1での立ち回りです。ランクシーズン2からはキルアシストポイントが付くので、積極的に戦闘を仕掛ける必要があるかもしれません。とりあえずはpopoyがランクシーズン1で気を付けたポイントを紹介しておきます。

1.降下地点は他部隊と被らせない

降下する時は他部隊が降りる場所を徹底して避けます。被ってしまうと戦闘で負ける可能性があるにも関わらず、奪った相手の物資も同じ街を漁ったアイテムなのです。

最初は他部隊のいない街をファームする事が重要です。

キルポイントがあるので一概には言えませんが、初めのファームが終わるまで戦わないほうが期待値は上なのではないかと思います。降下地点を被らせない方法は以下の動画を見れば分かります。プレデターの方が投稿しているので間違いないと思います。

2.キャラクターをピックする

キャラクターピック画面で他の二人がピックしなければ、ピックした人がジャンプマスターに選ばれます。

ランクマッチだとキャラクターピックする人が少ないので、自ら率先してピックし、ジャンプマスターをやりましょう。そして他部隊と被らないフライトをしましょう。

3.ディフェンシブに動く

銃声がするからと言ってむやみに漁夫を狙うのは得策ではありません。もちろんあなたの部隊が強ければ問題ありませんが、必ずしもそうではないはずです。仲間がイケイケの場合は仕方ないのでついて行ってできる限りカバーに徹しましょう。

4.移動先のピンを打つ

仲間次第ではありますが、ピンを打てば付いてきてくれる人が多いです。そういった仲間の場合はディフェンシブな作戦にも対応してくれる事が多いです。

5.最終安置を読む

実はApex legendsの最終安置はランダムではなく、ある程度パターンが決まっています。いくつか存在する最終安置を頭に入れておくことで、かなり有利に動くことが出来ます。

例えば南西側だと水処理とサンダードームとその間の集落のいずれかになる可能性が高く、各街に2,3の最終安置が存在します。この情報があるだけでも、ラウンド1,2の時点でどこをキープしておくべきかが計算しやすいです。

そして一度経験した最終安置はなるべく覚えておきましょう。ラウンド4,5辺りで周囲の強ポジを取る事が出来ます。

6.パルス内の戦闘は避ける

パルス内の戦闘やパルスに追われた状態での戦闘は、かなり高確率で勝つのが厳しい展開になります。パルス際は敵が多いので、パルスから逃れられた瞬間に漁夫られてしまいます。

popoyはパルス内で戦闘が起これば、安置側にピンを打ちまくり、そして走ります。

7.強い武器か弾持ちの良い武器を選ぶ

間違いない強武器がR99ですね。使えるのであればロングボウも強武器です。

後はディスラプターかターボチャージャーがあれば対応武器もそれなりに強いです。プラウラーもそうですね。

そして弾持ちの良い武器を選ぶのも重要です。

ピースキーパーやウイングマンですね。理由はライトアモです。今回紹介しているディフェンシブなムーブでは戦闘数が少ないので、部隊全員がR99なんかを持ってしまうと必ず弾不足に陥ります。仲間の武器次第で弾持ちの良い武器を選びましょう。

8.アーマーは先頭を走るレイスへ渡す

部隊の先頭はレイスが望ましいです。身体が小さいので被弾が少ない上に、アビリティスキル虚空があるので、不意打ちにも対応出来ます。少しでもノックダウンの確率を下げるためにも強いアーマーはレイスに渡しましょう。

レイスの綴りは「wraith」です。チャットで言ってアーマーを投げれば受け取ってくれるはずです。

9.デスボックスを漁る時は仲間を見る

漁夫の基本は戦闘が終わった着後です。仲間の蘇生やデスボックスをルートするのを、息を潜めて待っている部隊がいるかもしれません。まずは仲間がどこを見ているのかを確認し、仲間がデスボックスをルートしているのであれば、回復しながらでも良いので周囲を見渡しましょう。

10.ステルス作戦も視野に入れる

戦闘が始まり、あっと言う間に仲間が2人ダウンした時は逃げると言う選択肢もあります。

vcをしていれば相手のヘルスが分かるかもしれませんが、野良だと相手にどの程度のダメージが入っているのか一切分かりません。

無理をせずに逃げてステルス作戦に切り替えましょう。ステルス作戦とは、隠れながら戦わずに安置へ進んで、部隊が減るのを待つ作戦の事です。

11.ワットソンがいるなら促進剤を持つ

ワットソンの立て籠もりは周りの部隊にバレバレですが、それでも攻めてくる部隊は稀です。なるべく立て籠もりを頭に入れて安置を目指しましょう。

ワットソン立て籠もりのためにも、自分がワットソン以外のキャラクターだとしても促進薬を一個だけ持っておきましょう。ラウンド4,5辺りで渡してあげれば喜ばれるかもしれません。

12.サーバーを変える

このゲームは韓国サーバーが存在しないので、韓国人は東京サーバーでプレイしています。

韓国人は上手いプレイヤーが多く、適当には突っ込んで来ないです。ようするに東京サーバーはレベルが高いってことです。

香港・台湾・シンガポール辺りのサーバーへ移動するのも手です。

13.時間を変える

ちなみに移動先サーバーでランクマッチキューを回している人が少なければ東京サーバーに回されたり、上位ランクのマッチへと回される事があります。現地時間が朝とか昼だとそうなってしまうので、現地のゴールデンタイム前後にキューを回しましょう。

まとめ

popoyは以上13の行動を徹底したところ、無事にソロでダイヤまで上がることが出来ました。

もちろん仲間がアグレッシブな場合や移動に付いてきてくれない場合もあります。その時は仲間が最強だと信じて付いていくしかないです。ランクポイントは上がったり下がったりしながら増えていくので、こういう時は仕方ありませんね。

逆にディフェンシブなチームの場合は上位に入りやすいので、そういう時こそ集中してマップを見て最終安置を考えましょう。最終安置が読めれば周辺の強ポジを確保することで勝率が上がります。

とは言えランクシーズン2はルールが変わるので、今回紹介した必勝法を使えないかもしれません。

popoyはランクシーズン2もソロで挑戦しようと思っているので、とりあえずは今回紹介したようなディフェンシブな作戦で様子を見よう思います。動き方を変えないといけないのであれば、またブログで紹介しようと思うので、その時も是非チェックしていって下さい!!

※追記
なんとかランクシーズン2もソロダイヤいけました!⇒Apex Legendsシーズン3も無事にソロランクダイヤに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です