FPS初心者が強くなるには…

【G333 LoL K/DA レビュー】ロジクール初のゲーミングイヤホンはFPSには不向き【足音が聞こえにくい】

皆様ごきげんよう(^^)/popoです(^^)/

このブログに来てくれる人はゲーマーが多いので、もちろんリーグオブレジェンドというゲームをご存じですよね!?

リーグオブレジェンド通称LOLは世界的に大人気のゲームで、LOLというタイトルだけでとんでもない市場規模になっています。

そしてその人気はゲームだけに留まらず…!

なんとこちらゲーム内で生まれたバーチャルユニット「KDA」の曲がYoutubeで4億回以上も再生されているほど。

またコスプレやフィギュアも大人気で、とにかくユーザーもファンも多いビッグタイトルなのです(*´▽`*)

先日Amazonセールを物色していたところ、その大人気ゲーム「LOL」とコラボしたロジクールのゲーミングイヤホンを発見しました!

ほんですぐにポチッちゃいました(*´▽`*)

というわけで今回はLOLコラボのロジクール初のゲーミングイヤホン「G333 LoL K/DA」を開封レビューしていきます!

G333がFPSに向いていない理由

G333がFPSに向いていない理由

記事タイトルにもありますが、G333はFPSに向いていないです。その理由は主に下記の2点です。

定位性が微妙

G333がFPSに向いていない一番の理由がこれです。G333は定位性があまり良くないので、敵の足音が分かりにくいのです。

かろうじて近い足音は分かるものの、少し離れてしまうと高さも分からないし、全く敵の場所が把握できません。

またそれに付随することで、G333のデメリットがもう1つあります。

競合イヤホンが強い

それは競合イヤホンが強いことです。

G333の公式価格は税込6,490円です。ゲーミングイヤホンの中ではミドルに位置する価格帯です。問題はこの価格帯にはFPSゲームで人気のイヤホンがいくつか存在している事です。

例えば「Razer Hammerhead Pro V2」「CX100」など。

とくに「CX100」はおすすめで、TSMのインペリアルハル氏が使っている4,000円のイヤホンです。

【ゼンハイザーCX100 レビュー】TSMインペリアルハルおすすめのイヤホンが4,000円ってマジ!?【開封】

筆者も過去にAPEXで長らく使用しておりましたが、とにかく蘇生音や銃声の聞こえる範囲が広くて、かなり使いやすかったイヤホンです。

また少し予算を足して1万円ほど出せば、大人気の「SE215」「IE40 Pro」などのFPSド定番イヤホンを買えちゃいます。

「SE215」は有名なZETAのストリーマーであるStylishnoob氏が愛用しているSHUREの大人気イヤホンです。

【SE215 SPE-A レビュー】FPSで一番人気のSHUREイヤホンが諸刃の剣だった…。

残念ながら筆者の使っているGSX1000と接続するとノイズが発生してしまったので、泣く泣く別のイヤホンを選びました。

それが「IE40 Pro」です。IE40 Proは現在筆者が愛用しているゼンハイザーのミドルレンジモデルです。ゼンハイザーのサウンドカード「GSX1000」との相性がバッチリなので、GSXユーザーに人気のゲーミングイヤホンです。

【ゼンハイザー IE 40 PRO レビュー】GSX1000と相性抜群!定位最高のゲーミングイヤホンを開封!

どちらも定位性が良いのでFPSゲームで敵の居場所を把握できるという大きなアドバンテージがあります。FPS用に買うならFPSが有利になるイヤホンじゃないと意味ないですよね。

だからこそFPSで重要な定位性の悪いG333は、FPSゲームで使うには微妙すぎるというわけです…(´;ω;`)

popo

FPSには向いていないけど、
普通に音質の良いイヤホンなので、他のゲームや普段使いにおすすめです!

G333のスペックや価格をチェック

名称 G333 LoL K/DA
(型番G333-LOL)
画像
発売日 2021年8月
形式 カナル式
ダイナミックドライバーx2 5.8mm + 9.2mm
インピーダンス 24Ω ±20%
周波数特性 20Hz~20KHz
感度 101.6±3 dB @ 1 kHz SPL
対応 3.5mmまたはUSB-C入力
ケーブル長 1.2m
重量 約19グラム
参考価格 6,490円(税込)

G333の開封レビュー

G333の開封レビュー

というわけで早速届いたG333を開封していきます。
こちらは届いたパッケージ。KDAコラボなのでKDAのキャラクターがパッケージに。

G333の開封レビュー2

パッケージの裏側には軽くスペックが記載されています。

G333の開封レビュー3

開くと接続方法やボタン操作について記載されています。

外観をチェック

外観をチェック

本体カラーはロジクールでお馴染みのホワイト×ブルーの配色です。

外観をチェック2

形状はよくあるカナル型です。

外観をチェック3

造りはかなりしっかりとしていて、細部までこだわりを感じます。

外観をチェック4

デザイン性は抜群に良いですね。かなりオシャレです!

ボタンの配置

ボタンの配置

右のケーブルにはリモコン部分が用意されており、細かい操作が可能になっております。
またこの部分にインラインマイクも搭載されているので、イヤホンながらにVCが可能です。

ボタンの配置2

ボリュームの上下ボタン、再生/一旦停止ボタンが搭載されています。

端子は変換器付き

端子は変換器付き

接続部分は3.5mmの4極プラグです。

端子は変換器付き2

しかしこちらの「変換機」が搭載されているので、イヤホンジャックのない端末にも接続できます!

端子は変換器付き3

これは地味に嬉しいですね。最近はイヤホンジャックが非搭載のスマホも増えていますからねー。

ケーブルはきし麺タイプ

ケーブルはきし麺タイプ

ケーブルは平べったいきし麺タイプが採用されております。
きし麺タイプのケーブルは絡みにくいのでおすすめです!

ケーブルはきし麺タイプ2

ケーブルの長さは「1.2メートル」です。

付属品をチェック

付属品をチェック

付属品も紹介しておきます。こちらはイヤホンを入れるポーチです。

付属品をチェック2

こちらは替えのイヤーピースです。本体には初めからMサイズが装着されており、SサイズとLサイズが付属しています。
正直Mサイズですら小さいので、装着感に違和感があればLサイズを試してみてください。筆者はそれで解消できました(*´▽`*)

付属品をチェック3

そしてこちらは書類。注意書きと保証書になります。
G333の保証期間は「購入日から2年間」とのことです。

重量は約20グラム

G333の重量実測値は「19.8グラム」でした。
もちろんヘッドフォンと比べるとかなり軽いですが、ゲーミングイヤホンとしては普通ぐらいですね。

popo

というわけで早速開封してチェックしてみましたが、外観のデザインは個人的にはマジでストライク。
細かいところまでしっかりと造られており、かなりこだわりを感じました!

G333をAPEXで使った感想

G333をAPEXで使った感想

実際にG333をゲームで使った感想を述べていこうと思います。今回は人気のバトロワゲー「APEX LEGENDS」で使ってみました。

定位・足音はダメダメ

これは記事の前半「G333がFPSに向いていない理由」でもお話ししたのですが、G333をFPSゲームで使う一番のデメリットです。

G333は定位性がそこまで良くないので、敵の足音の場所が分かりにくいのです。

G333は低音がかなり強めですが、逆に高音と中音がかなり弱め。APEXはパスファインダーの足音などが高音で分かりにくいので、イコライザーで高音を上げる人がいるほど高音が重要なのです。

銃声・遠くの音も並かそれ以下

FPSゲームでイヤホンに求められるのは、とにかく足音が聞こえやすいかどうかです。

ただしAPEXの場合は遠くの銃声が聞こえるかどうかも重要な要素となります。遠くの銃声が分かればマップ移動がしやすくなりますからね。

G333は遠くの銃声も普通に聞こえますが、正直4,000円イヤホンとして紹介した「CX100」に劣っています。

音質はかなり良い

G333は低音が強いと言いましたが、音質自体は悪くないです。これはゲームでの話ではありませんが、普通に音楽などを聴く分には申し分ない性能だと思います。

実際に筆者はIE40 Proの方が使いやすかったので、今回購入したG333はスマホ用イヤホンとして使っています(*´▽`*)

G333の良いところ・メリット

G333の良いところ・メリット

先ほど使った感想で述べたのですが、とりあえず普通に使う分には音質が良いのでおすすめです。

さらに搭載されているインラインマイクも音質が良いので、普通にFPS以外のゲームで活躍してくれそうですね。それこそKDAコラボなので、LOLなどのMOBAゲーには丁度良いかもしれません。

G333の悪いところ・デメリット

G333の悪いところ・デメリット

デメリットは結論として記事前半に紹介した通り。

簡単に言ってしまえば、G333はFPSゲーム用に買うべきゲーミングイヤホンではないということです。

最も重要な定位性では「SE215」や「IE40 Pro」に劣っているし、音の聞こえる範囲も「CX100」などのエントリーモデルに劣っています。もしFPSゲーム用にこのイヤホンを選ぼうとしているのであれば、絶対にやめておいた方がいいです。

少しお金を追加して「SE215」か「IE40 Pro」を検討してください。絶対にそっちの方がFPSでは有利になります。

【SE215 SPE-A レビュー】FPSで一番人気のSHUREイヤホンが諸刃の剣だった…。 【ゼンハイザー IE 40 PRO レビュー】GSX1000と相性抜群!定位最高のゲーミングイヤホンを開封!

注意点としてSE215やIE40 Proはイヤモニと呼ばれる特殊な形状になっております。遮音性が高くてFPSゲームにおすすめではありますが、人によっては圧迫感が苦手だと感じる場合も。

G333とIE40 Pro

▲IE40 Pro(右)の形状

総評:FPS以外で使えるマイク付きイヤホン

ゲーム以外で使えるマイク付きイヤホン

というわけで今回はLOLとロジクールのコラボゲーミングイヤホン「G333 LoL K/DA」を開封レビューしてみました。

LOLコラボということもあって、FPSゲームに重要な定位性は微妙でした。その代わり音質も良いし、マイクの性能も悪くなかったので、FPS以外のゲームであれば快適に使えるのかなーと思います。

ちなみにKDAコラボデバイスは他にもいろいろあります。興味のある方はそちらもチェックしてみてください(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。