【Comply T-400 レビュー】FPSゲーム用に遮音性の高いイヤーピースに買い替えてみた!

先日購入したゼンハイザーCX100は、4,000円とは思えないほど音が聴きやすくて最高のイヤホンでした。

その後もとくに不満がなかったので、ヘッドフォンに戻す事なくバリバリAPEXをプレイしていました。しかししばらく使っていて少し気になったのは遮音性でした。

CX100にはサイズ別のイヤーピースが用意されているので、大きめのサイズを装着することで遮音性を高めていましたが、どうもジャストフィットと言えるほどではありませんでした(;´・ω・)

それを解決すべくイヤーピースの変更を決意。ちなみにイヤーピースはイヤホンの先っぽに付いているプニプニの事です。イヤーピースが耳の穴にフィットするほど遮音性が高まりゲームに集中できるわけです!

今回選んだのは評判の良い「コンプライ」のスタンダードモデル「T-400」です。

「せっかくイヤホン買ったのに、フィット感が良くない!」なんて方は、ぜひ今回のComply T-400をお試しください!

コンプライのイヤーピースは装着感が良い!

T-400はシリコンの約30倍の柔らかさをもつ独自開発の「低反発素材ポリウレタン素材」が採用されております。その素材の反発よって耳に押し込んだ後、徐々に膨らんで耳の形にフィットしてくれるのが特徴です。

耳にフィットすると、遮音性が高くなり、没入感が出て、ゲームの音にだけ集中できます!

popoy

足音が聴こえやすくなる代わりに、銃声も死ぬほどウルサイので覚悟しておいてください。。

Comply T-400の開封レビュー

というわけで早速届いたコンプライのT-400を開封レビューしていきます。

今回選んだのは万人受けするスタンダードモデル「T-400」です。

裏面のT-400の説明によると、「周囲の雑音や音漏れを防ぐ遮音性と快適なフィット感。耳穴の湾曲がゆるやかでも外れにくい設計。世界中の音楽ファンに愛され続けるロングセラーシリーズです。」とのこと。

いずれは他のタイプも使ってみたいところですが、とりあえずはスタンダードモデルで満足しています。皆さんもお試しで買うならスタンダードモデルの方がおすすめです。

サイズは3種類用意されており、自分の耳のサイズに合わせて選ぶことができます。先ほども記載しましたが、装着した後に膨らむので大きめのサイズを押し込むのがオススメ。

サイズの違いはこんな感じです。

CX100のデフォルトのイヤーピースと比べるとこんな感じ。そもそも素材が違うので見栄えも全く別物。

Comply T-400の付け方はシンプル

というわけでCX100のイヤピースをT-400へ付け替えます。

こちらはCX100のデフォルト状態。

引っ張って外します。

次にT-400をカポッとはめるだけ。ただしめちゃくちゃ固くて手こずるので「あれ!?サイズ間違えた!?」とうろたえないように。

ぶっちゃけ見栄えはCX100のデフォルトの方が好きだなー。

ほい、完成!

コンプライのイヤーピースのタイプ一覧

コンプライのイヤーピースは特徴の異なる6タイプに分かれております。
以下コンプライ公式サイトからの引用となります。

T-type(スタンダード)

独自開発の低反発ウレタン素材が究極の遮音性を実現。快適で、安全性の高いフィット感を併せ持つ、音楽を愛する全ての人のために開発されたロングセラーシリーズです。

TS-type(アジアンフィット)

日本人特有の湾曲した外耳道でもチップの先端が広いので閉じません。球体形状なので耳に深く入れなくても外れず、快適性も優れています。

P-type(高遮音性)

長い形状は遮音性を重視したデザイン。音楽に浸りたい方向け。究極の遮音性を実現した、プロフェッショナルユースです。

Tw-type(ザ・ワイヤレス)

イヤーチップの長さを従来のものより短くすることで、さらに外耳道の奥に入りやすく、外れにくくなり、より耳にフィット。
汗、耳垢ガードが、大切なワイヤレスイヤホンを守ります。

Tg-type(トゥルーグリップ)

TW ザ ワイヤレスの耐久性と遮音性をさらに向上し、充電ケースに収納しやすい独自の芯を採用しています。

Sx-type(スポーツプロ)

汗をかいた時のグリップ力が高く、優れたフィット感を実現。汗ガード付きで、運動中の使用に最適です。

popoy

使い用途に合わせて選べるのはグッド。
とりあえずT-typeから買ってみましたが、こうやって説明文を見てみるとP-typeも気になりますねぇ…。

コンプライのイヤーピースのサイズの選び方

ちなみにイヤホンは芯の部分のサイズが違うので、しっかりとサイズの合ったイヤーピースを選ばないといけません。

今回購入した「T-400」は、「T-typeの400サイズ」のことです。しっかりと自分が使っているイヤホンに対応したサイズを調べておきましょう。

自分のイヤホンのサイズを調べるには、コンプライ公式サイトの右上にある「お手持ちのイヤホンに合うComplyを見つける」から可能です。

スマホ表示の場合も上部メニュー辺りに同じ黄色のバナーがあるので、そちらをタップして自分のモデルを探してみてください。まあ有名なモデルは400が多い

ComplyのイヤーピースでAPEXの音は良くなったのか?

冒頭でもお話しましたが、耳にジャストフィットするようになったおかげで遮音性が上がりました。それによりゲーム音に集中できるようになり、音が聴こえやすくなりました!

ただし銃声もうるさくなってしまったので、撃ち合っている最中のVCが全く聞こえなくなってしまいました…。また小さな環境音が聴こえるようになったせいで、足音やトライデントの音と間違えてしまったりも。

その辺りは音量を調整したり、イコライザで高音低音を調整したりして、そのうち慣れてくれたらイイナーと(;’∀’)

そんな愚痴をこぼしながらも、なんだかんだComplyのイヤーピースを買って良かったと思っております。全体的に音の方向も分かりやすくなりましたし。

というわけでイヤーピースの買い替えを検討している方は、今回紹介したコンプライのイヤーピースをお試しください!

価格は各サイズ1ペア1,200円前後、SML各1ペアずつの3ペアセットが2,500円前後となっております。ぜひぜひー(^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。