【G703h レビュー】重さ95グラムの定番マウスでAPEXが強くなった!【G603との比較も】

最近使っていたロジクールのゲーミングマウス「G603」のソールが削れてきたので、新調することにしました。

G603を買ったときは「これしかない!」と思えるほど、劇的にAIM力が向上したのですが、よくよく考えてみるとpopoyは他のゲーミングマウスを使ったことないんですよね。

棒人間

ってなわけで今回はG603よりもグレードの高いゲーミングマウス「G703h」を購入したので、開封レビューしていこうと思います!

FPS用にゲーミングマウスを探している方は、ぜひ参考にしてみてください(*´▽`*)

G703hでエイム力が超上がった!

G703hでAIM力がさらにアップ!

先に結論を言っておくと、G603の時よりもエイム力が向上しました。なぜ言い切れるかと言うと、普段使っているSteamの「Apex AIM Trainer」というアプリでの命中率が10%も上がったからです。

G603を使っていた時は「50%~55%」ぐらいの命中率を記録しておりましたが、G703hを使ってからは「60%~65%」ぐらいまで向上。試行回数が違うので誤差はあると思いますが、それでも間違いなく前よりも命中率が上がっています!

G703hのスペックと価格チェック

G703hのスペックと価格チェック

名称 G703h
センサー HERO 16Kセンサー
DPI 100-16000
レポートレート 125 / 250 / 500 / 1000 Hz
接続 LIGHTSPEED
ワイヤレス
ボタン 6(ホイル含む)
RGBライト LIGHTSYNC
1,680万色
重量 95グラム
バッテリー駆動時間 60時間
POWERPLAY 対応
参考価格 10,800円

popoy

価格は1万円前後ですが、クーポンやセールが絡めば8,000円ぐらいで入手できることも。
過去相場を調べてみると、7,900円で購入している人が多かった!

G703hの開封レビュー

というわけで早速届いたG703hを開封レビューしていきます!

G703hのパッケージ

ロジクールお馴染みの「黒+水色」を組み合わせたオシャレなパッケージデザイン。

G703hのパッケージ2

ちなみにG703hが搭載するセンサーは「HERO 16Kセンサー」です。「ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー」と言われており、さらに10倍の電力効率によって電池駆動時間の向上と軽量化を実現とのこと。

G703hのパッケージ3

裏面にHEROセンサーの説明があります。

G703hのパッケージ4

後ほど紹介しますが、10グラムのウエイトについても記載されていますね。またカスタマイズが可能なライトシステムについても書かれています。

G703hのパッケージ開封

かなり良い感じ!
このあとはG703本体の外観や細かい機能を紹介していきます!

popoY

マウスは実際に使ってみないと合っているか分からないけど、
第一印象としては「持ちやすさ」に好感触!!

G703h本体の外観をチェック

G703h本体の外観をチェック

G603よりも少し湾曲していて持ちやすさが向上しています。

G703h本体の外観をチェック2

サイドボタンも2つ搭載しており、ホイールボタン・DPI切り替えボタン含めて6ボタンに対応!

G703h本体の外観をチェック3

ホイールはどちらかと言えば固め。ホイールクリックが軽いと、ホイールの上下スクロールが誤認されることがあるので、個人的には硬めの方が好み。

G703h本体の外観をチェック4

裏面はこんな感じ。下の「G」部分を開くとスペースがあり、ウエイトを入れて重さを調整できます。

G703h本体の外観をチェック5

こちらは充電ケーブル接続部分。G703hはバッテリー持ちに定評あり。後ほど詳しく紹介していきますね。

G703hの付属品をチェック

G703hの同梱品をチェック

同梱されているものを紹介していきます。こちらはクイックスタートガイド。

G703hの同梱品をチェック2

こちらは保証書です。正規での購入であれば2年間の保証が受けられます。

G703hの同梱品をチェック3

こちらはその他注意点などが書かれた別書類。

G703hの同梱品をチェック4

こちらはレシーバー。パソコン側のUSBに装着することでワイヤレス接続できます。

G703hの同梱品をチェック5

こちらは10グラムのウエイト。G703hの裏に装着することで重さを10グラム増やせます。ちなみにpopoyも入れています。

G703hの同梱品をチェック6

こちらは充電ケーブルです。長さは2メートルぐらいあるので、充電しながらマウスを操作できるでしょう。

G703hの同梱品をチェック7

ロジクールロゴのシール。かわいい。

G703hの同梱品をチェック8

なんかお礼カード。感謝します。

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可

先ほども言いましたが、G703hは付属されている10グラムのウエイトを裏に装着できます。

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可2

裏面の下の方にある「G」と書かれた部分がウエイト装着スペース。

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可3

オープンするとこんな感じ。

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可4

フタ側にウエイトを装着!あとはフタを戻すだけで10グラムの増量完了!

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可5

ちなみにG703hのウエイト無し重量の実測値は94.8グラムです。

G703hの重さは95gだけどウエイトで調整可6

10グラムの重りを付けることで10グラムほど増量し、105グラムに!

popoy

マウスの重量をわざわざ重くするなんて、ゲーマー以外だと考えられないよね…w

G703hの充電方法と時間

G703hの充電方法と時間

G703hを充電するには充電ケーブルに接続する必要があります。

G703hの充電方法と時間2

といっても複雑なことは何もなくて、ただUSB接続した充電ケーブルをG703hの先っぽに付けるだけ。

G703hの充電方法と時間3

バッテリー残量の確認は専用ツール「G HUB」にて。後日バッテリーの充電速度を計測してみる予定ですが、体感では充電速度はかなり早かったです。一応「90分でフルチャージ」との記載がありましたので、高速で充電することができます!

ちなみにG703hはPOWERPLAYに対応しているので、ワイヤレス充電ができます。POWERPLAYはケーブルを繋がずに充電できるので、かなり便利な機能です。ただし価格が高すぎるというデメリットがあるので注意。発売からそこそこ経っているのになかなか値段が下がらずに、いまだに15,000円以上はします。

POWERPLAYを使うためには、G703hの裏面ウエイトスペースを付け替える必要があるので、10グラムのウエイトとは併用不可。こちらも注意してください。

popoy

バッテリーの充電速度も速いけど、バッテリー持ちもヤバイ!
電池駆動時間はライト無しで60時間とのことなので、超長持ち!

G703hとG603の違いを比較

G703hとG603の違いを比較
G703hとG603の違いを比較2
G703hとG603の違いを比較3

ちなみにpopoyはG603からG703hへ乗り換えました。G603はこちら。

G603は電池式なので、G703hよりも価格が安い(6,000円ぐらい)です。G703hと形状やソールが似ていますが、G703hと比べて重量がかなり重いです。

G703hとG603の違いを比較4

G603の重量は約139グラム。ウエイト無しのG703hが95グラムなので、44グラムもの差があります。

逆に「重いマウスが欲しい」という方がいれば、G603の方が使いやすいかもしれません。とはいえやはり「電池式」なのが微妙なところ。

DPIはワンタッチで変更可

DPIはワンタッチで変更可

ホイール下に配置されている「DPI変更ボタン」にて手軽にDPIを切り替えることができます。もちろん別のキーに割り当てることも可能。

DPIはワンタッチで変更可2

ボタンのキー割り当ては専用ツール「G HUB」にて管理。

DPIはワンタッチで変更可3

DPIの変更、レポートレートの変更もG HUBにてカスタマイズできます。

G703hの最大のライバルはG PRO WIRELESS

G703hの最大のライバルはG PRO WIRELESS

G703hの最大のライバルは「G PRO WIRELESS」です。

G PROは、キングオブワイヤレスマウスと言っても過言ではないぐらい人気で、プロゲーマーの使用者が多くて有名な製品です。

G PROはロジクールのフラグシップモデル(ある分野で複数の製品を製造・販売するメーカーの商品群の中で、メーカーの象徴的存在となる製品やメーカーが技術の総力を揚げて取り組んだ製品を指す)なので、数あるロジクールマウスの中でも最高峰の製品となります。


ではなぜ今回popoyがG PROではなくG703hを選んだのか?その理由は下記の2つ。

  1. 価格
  2. 形状

まず「価格」の違いが大きくて、G PROは2万円前後という高価格。ゲーミングマウスの相場は5,000円~10,000円ぐらいなので、それを大きく上回っています。

今回紹介しているG703hが8,000円~10,000円ぐらいなので、G PROの方が1万円以上も高いのです。ゲーミングデバイス初心者のpopoyは「さすがにマウスに2万円もかけられない!」と思いG PROの購入を諦めました。

そして2つ目に「形状」が気になりました。

というのもG PROは左右対称で左手でも使える仕様となっておりますが、G703hは右手エルゴノミック形状によって、右手で持ちやすい設計となっております。またG703hは「IE3.0クローン」を謳っており、かつて大人気だったマウスIE3.0の形状を模倣しています。

popoyは過去にIE3.0を愛用していたこともあって、G703hに惹かれました。というわけでG PROではなくG703hの購入に至ったワケです(;´・ω・)

popoy

とはいえゲームのブログを運営していますし、そのうちG PROも買おうと思っています。
いつになるか分からないけど、お金に余裕がある時に…。

G703hを使っているプロゲーマー紹介

popoyがG703hに興味を持ったキッカケがあります。それは自分の好きなプロゲーマーがG703hを使っていたことです。

日本DTNの代表メンバーがG703hを使用しているとのこと。

また最強と名高いRasさんもG703hを愛用。

popoyがよくみるプロゲーマー達がG703hを使っていたので、G703hが気になったんですよね。そして今回G603から乗り換えることになったわけです。

さいごに

さいごに

G703hを使った感想は「G703hに買い替えて良かった」です。間違いなくG603の頃よりもエイム力が向上しています。Apex Aim Trainerの命中率も上がっていますし、実際にAPEXをプレイしていて「なんか今日めっちゃ当たるなー」って日が増えました。

というわけでAPEXで伸び悩んでいる方・ゲーミングマウスを探している方は、ぜひ今回のG703hをお試しください!

ついでに色々考え抜いた結果、G703hに合いそうなマウスパッド「ARTISAN 零」も購入しました。

ARTISAN ZERO

前まで使っていた飛燕も使いやすかったのですが、フリックショットを強化するためにこちらのマウスパッドを選びました。思った以上にピタッと止まるので慣れるまで大変でしたが、今では自分の好きなところでマウスを止めることができます!

popoy

くそ長い記事にお付き合い頂きありがとうございました!
最近APEX関連の記事をよく書いているので、興味のある方は読んでいって下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。