【VG258QR レビュー】APEXにおすすめの高リフレッシュレートモニター【165Hzが最適解】

皆さんこんにちは。バリバリ現役FPSプレーヤーのpopoyです。

最近ハマっているゲームはAPEX LEGENDSです。APEXは他のFPSと違って体力が多いので、戦闘時間が長いんですよねー。近接戦ですら長引くことがあります。

そんな時に重要なのは高リフレッシュレートモニターです。高リフレッシュレートのモニターがあれば、高いFPSを出すことができるので、細かい敵の動きまで捉えることができます。

FPSはframe per secondの略で、1秒間に表示される画像の枚数のことです。60FPSなら1秒間に60枚の画像を連続で描写して動画として映し出すのですが、165FPSなら1秒間に165枚もの画像を描写することができます。

ようするに相手の動きがより細かく表示されるので、高いFPSを出すことができれば近接戦が劇的に強くなると思っておいてください。

ショットガンを持った人のイラスト

じつは普通のデバイスを使っていても高いFPSを出す事はできなくて、120FPSを出すためには120Hzリフレッシュレートに対応したモニターが必要で、165FPSを出すためには165Hzリフレッシュレートに対応したモニターが必要です。

今回紹介する「VG258QR」というゲーミングモニターは165Hzリフレッシュレートに対応しているので、165FPSまで出すことができます!

というわけでFPS用にゲーミングモニターを探している方近い距離の撃ち合いが弱い方は、今回のVG258QRがマジでおすすめです!

実際に開封レビューしていくので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

FPSプレーヤーがゲーミングモニターを買うべき理由

FPSをプレイするのであれば、とりあえず高リフレッシュレートのゲーミングモニターは必須であるという結論に至りました。まずはその理由と検証結果をお伝えしておこうと思います。

リフレッシュレートは通常60Hzなので1秒間に60枚の画像しか表示されません。ただし165Hzなら1秒間に165枚の画像が表示されます。

冒頭でも記載しましたが、APEXは他のFPSと比べて体力が多いので戦闘時間が長いです。例えば近接戦にしても1秒で終わることはまず無いですよね?

仮に3秒間かかったとすると、その間に表示されている画像枚数は以下の通り。

3秒間に表示される画像
60Hz 180枚
165Hz 495枚
315枚

一回の戦闘だけで315枚もコマ数に違いがあるのです。実際にコマ数が増えると残像が消えてヌルヌル感が増すので、近い距離で相手のレレレに合わせやすくなったりします。

165Hzのヌルヌル感

極端な例がこの画像。残像が消えてくっきりと映っていますよね。リフレッシュレートが高くなると、このようなメリットがあるわけです。しかもFPSの強いプレーヤーは皆高リフレッシュレートモニターを導入しているので、知らない間に相手の方が有利な状況になっているのです。だからこそ「高リフレッシュレートは必須である」という結論に至りました。

APEXシーズン3のスタッツ

こちらはゲーミングデバイスにハマり始めた頃のデータ。元々KDは1以下だったのですが、「Apex Legends初心者が買って強くなったゲーミングデバイス一覧」でゲーミングデバイスを揃えた結果KDが2.34まで上がっています。

APEXシーズン5のスタッツ

一方でこちらは165HzのVG258QRを買った後のデータ。試合数が少ないのでここから下がる可能性もありますが、元々KD1以下の初心者だったpopoyからすると3オーバーはかなり高い。これも高リフレッシュレートのおかげです。

VG258QRの価格をチェック

VG258QRの価格をチェック

こちらが今回購入した「VG258QR」です。「165Hz」は先ほど説明した通りリフレッシュレートのこと。「0.5ms」は応答速度のことで、一般的に1ms以下で高速と言われます。

VG258QR
リフレッシュレート 165Hz
応答速度 0.5ms
画面サイズ 24.5インチ
上下角度 上33°~下5°
左右角度 左+90°~右-90°
高さ 0mm~130mm
映像入力端子 HDMI 1.4
DVI-D(Dual Link)
DisplayPort 1.2

ちなみにAmazonには販売ページが2つあります。「VG258QR」と「VG258QR-J」です。

VG258QRとVG258QR-Jの違いが気になってお問い合わせしたところ、「VG258QR-J」が日本向けに販売されたモデルとのこと。しかし内容や仕様は全く同じなので、どちらも問題なく使用できるとのことでした。

VG258QRの開封レビュー

VG258QRの開封レビュー

届いたVG258QRを早速開封していきます。24.5インチモニターなので、かなり大きめの箱に入っています。

VG258QRのパッケージ
VG258QRのパッケージ2

VG258QRのパッケージの側面にはモニターの特長やスペックが記載されています。

VG258QRの外観

VG258QRの外観

まずは分解されてはいっているパーツを組み立てます。といっても台座に本体を装着して裏のネジを回すだけでオッケー。

VG258QRの外観2

裏のネジを回さないとモニターがガタガタ揺れるので注意。本体ベゼル(ふち部分)はかなり細くて今風な感じ。

VG258QRの外観3

裏面にはしっかりとASUSのメーカーロゴがあります。また細かいデザインが近未来感を演出していて、いかにも「ゲーミングモニター」と言った感じです。

VG258QRの付属品一覧

  1. モニター本体
  2. オーディオケーブル
  3. ACアダプター
  4. 電源ケーブル
  5. HDMIケーブル
  6. クイックスタートガイド
  7. 保証書

オーディオケーブル
オーディオケーブル2

こちらは「オーディオケーブル」です。VG258QRは本体にステレオスピーカーが搭載されています。

ACアダプター
ACアダプター2

こちらは給電用の「ACアダプター」です。これを介して電源を繋ぐ必要があります。

電源ケーブル

こちらはそんなACアダプターに繋ぐ「電源ケーブル」です。

DosplayPortケーブル

こちらは「DisplayPortケーブル」です。ちなみにDisplayPort接続じゃないと165Hz出ないので、前もってグラボの端子を確認しておきましょう。

HDMIケーブル

こちらはテレビの接続なんかに多い「HDMIケーブル」です。

書類

こちらは書類。クイックスタートガイドと保証書になります。

VG258QRの説明書は日本語

VG258QRの説明書は日本語
VG258QRの説明書は日本語2
VG258QRの説明書は日本語3

説明書や保証書類は日本語で記載されているので安心です。

VG258QRのメリット

VG258QRのメリット

ここまでかなり好感触なVG258QR。他にも色んなメリットがあるので、チェックしてみてください。

角度を自在に調節できる

上33°~下5°、左+90°~右-90°と角度自在
上33°~下5°、左+90°~右-90°と角度自在2

VG258QRは上33°~下5°、左+90°~右-90°と角度を自在に調整することができます。

上33°~下5°、左+90°~右-90°と角度自在3

ちなみに上記画像のように縦置きに対応しています。サブモニターとして縦長表示しておくことができるので、popoyは次にメインディスプレイを購入したときは、VG258QRを縦置きのサブモニターとして使おうと思っていますw

もちろん高さも調節可能

もちろん高さも調節可能
もちろん高さも調節可能

角度だけじゃなくて、高さも調節できます。自分に合った高さに調節することで肩こりの軽減に繋がります。しっかりと角度と高さを調節しておきましょう。

自動セットアップでドライバがいらない

自動セットアップでドライバがいらない

VG258QRはドライバをインストールしたり、複雑な設定を行う必要がありません。接続するだけでそのまま使うことができます。DisplayPort接続するだけで165Hzが出ますが、はじめにパソコン側で設定しておく項目があるので、その手順(Windows10)だけ紹介しておきます。

165Hzの初期設定

まずはデスクトップ画面で右クリックして「ディスプレイ設定」をクリックします。

165Hzの初期設定2

ディスプレイ設定の下の方にある「ディスプレイ詳細設定」をクリック。

165Hzの初期設定3

しっかりと「VG258QR」が選択されていることを確認してから、下の方にある「アダプターのプロパティを表示」をクリック。

165Hzの初期設定4

上のタブから「モニター」を選びましょう。

165Hzの初期設定5

「画面のリフレッシュレート」「165Hz」に設定。そのあと右下の「適用」をクリックして「OK」で完了。

popoy

これにて設定完了!165Hzでヌルヌル快適に動きます!

ゲームに特化した2つの設定が最高

VG258QRはゲーミングモニターということで、ゲームに特化した機能が搭載されています。その中でFPSに使えそうな2つの機能を紹介しておきます。

ディスプレイに照準表示

ディスプレイに照準表示

FPSは右クリックでADSすることで照準が表示されます。ADSしていないときは照準が表示されていません。

ディスプレイに照準表示2

VG258QRの「GamePlus」を使えば、ADSしていないときも照準を表示することができます。

ディスプレイに照準表示3

照準の種類は6つ用意されているので、自分の好みの物を選ぶことができます。

ディスプレイに照準表示4

こんな感じ。3~6番はごちゃごちゃしているので、おすすめは1番か2番の「点のみ」のパターン。これを使えば腰撃ちする時に中心が分かるので便利。

FPSモード

FPSモード

VG258QRの「GameVisual」機能は、いろんなシーンに最適な設定のモードがプリセットされています。例えばAPEXをプレイするのであれば、コントラストの高い「FPSモード」を選ぶことで、視認性が増します。

popoy

「照準表示」と「FPSモード」を使えばハンマーバッジ獲得まちがいなし!!

VG258QRのデメリット

VG258QRのデメリット

VG258QRには明確なデメリットが2点あります。ただしそれはゲームプレイに関わることではないので、個人的にはどうでもいいっちゃどうでもいいかも。一応紹介しておきます。

上下の視野角が狭い

VG258QRはTNパネルが採用されているので、IPSや有機ELディスプレイと比べて視野角が狭いというデメリットがあります。横からの視野角は問題ありませんが、上や下に少し角度をつけると画面の色味にすぐ変化が現れます。

スピーカーの音質が悪い

VG258QRは背面にステレオスピーカーが搭載されており、モニター側で音声を再生できます。しかし、このスピーカーの音質がクソです。めちゃくちゃ音がこもるので、全く使い物にならないです。

あくまでオマケ程度に思っておいた方が良いでしょう。

さいごに

さいごに

というわけで165Hzのゲーミングモニター「VG258QR」を購入したので、開封レビューしてみました!

実際に購入してから今も使い続けていますが、とくに不満点もなく快適に使えています!しかもショットガンダメージがめちゃくちゃ上がった実感があるので、リフレッシュレートで近接の戦闘が強くなるという噂はガチだと思いました(*´▽`*)

APEXで使えるゲーミングモニター、高リフレッシュレートモニターをお探しの方は、ぜひ今回のVG258QRを検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。